うっかりミスとはおさらばしよう!物忘れ対策で快適ライフ

物忘れ対策で注目のオンジ(遠志)
配合の医薬品を厳選!
物忘れ » 物忘れ対策に有効だと言われている成分・サプリ一覧 » ポリフェノール

ポリフェノール

ポリフェノールの物忘れに対する働きについて解説。成分の特徴や摂取できる食材などをまとめています。

ポリフェノールとは?

ポリフェノールは、コーヒーや大豆、ブルーベリー、緑茶、カレーに用いる香辛料のターメリックなど様々な食品に含まれております。種類もさまざまで、「カテキン」や「クルクミン」、「ココア・フラバノール」といった成分などがあります。

その数なんと、約4000種類以上!植物の光合成時につくられる苦みや色素、香りの素になっています。 ポリフェノールを摂取すると、身体の酸化や炎症を抑制し老化の進行スピードを抑えてくれます。同時に、健康維持にもつながるといわれ脳梗塞や動脈硬化といった重い疾病の予防にもなる効果があるといわれています。

ポリフェノールが脳にもたらす効果

ポリフェノールは、脳細胞の不全に働きかける効果があり、たんぱく質が脳内蓄積することで起きる脳の機能不全を抑えてくれる働きがあるといわれています。 そんなポリフェノールの効果が注目されており、各方面で研究が進められている成分なのです。

ポリフェノール、副作用はない?

ポリフェノールの種類によっては、副作用があるので注意が必要です。 常識の範囲で摂取している分には、特に問題ありません。しかし、ポリフェノールが欠乏すると、反対に身体に悪影響を及ぼすといわれています。例えば、花粉症の悪化であったり、病気にかかりやすくなったり、アレルギー症状の悪化や活性酸素の除去の力が弱まる恐れがあります。

物忘れの改善に役立つポリフェノールの働き

脳の機能は、タンパク質の脳内蓄積により機能不全になるといわれています。 そのような状態になることを抑制してくれるのが、ポリフェノールです。 ページの冒頭で紹介しましたようにポリフェノールには種類があります。中でもフラボノイド系のポリフェノール、「カテキン」、「クルクミン」、「フェルラ酸」は各方面で研究が進められている成分です。

カテキン

緑茶に含まれているポリフェノールがカテキンです。カテキンは、タンパク質の蓄積による脳の機能不全を抑えるといわれています。

クルクミン

カレーに用いる香辛料のターメリックに含まれているのがクルクミンです。ウコンに含まれる黄色い色素で、クルクミンもまた脳内に蓄積するタンパク質の抑制をしてくれます。 ですので、カレーを食べる習慣のあるインドでは、認知症の発症確率が低いことで有名です。

フェルラ酸

米や小麦、タケノコといった植物の細胞壁に豊富に含まれているのがフェルラ酸です。 脳機能の改善作用が、脳機能不全の予防の効果につながると注目されています。しかし、依然として研究段階の成分であるため、メカニズムの解明が期待されます。

ポリフェノールが多く含まれている食材

脳内のたんぱく質の蓄積を抑制する働きをしてくれるポリフェノール。このページのはじめにも紹介しておりますが、ポリフェノールは、身近にある飲食物から摂取できる成分です。 ターメリックを使用したカレーや大豆、ブルーベリー、コーヒーや緑茶など、身近でとりいれやすい飲食物に含まれています。 特に、赤ワインは1杯(100mlあたり)でポリフェノール230mgの摂取ができます。

より効果を実感したいなら漢方がおすすめ

サプリメントは機能性補助食品として提供されていますが、あくまでも「食品」です。成分の効果を実感するまでに3ヶ月以上は継続することが大切。また、個人差があるものの、人によっては効果を感じにくい人もいるでしょう。より確かな効果を得たいという場合には、漢方を活用した方法もあります。

記憶力を維持するなら、厚生労働省も認める生薬「オンジ」がおすすめ。物忘れ改善に効果があると言われています。サプリメントよりもさらに高い効果を発揮してくれるでしょう。

物忘れ対策に注目の生薬「オンジ」を徹底解説!

物忘れ対策の新常識!
注目生薬の魅力に迫る

物忘れについての考え方 効果と副作用 市販の医薬品を含有量で比較