うっかりミスとはおさらばしよう!物忘れ対策で快適ライフ

物忘れ対策で注目のオンジ(遠志)
配合の医薬品を厳選!
物忘れ » そもそも「物忘れ」とは?なんでもQ&A » 物忘れがひどい!更年期における記憶障害の原因と対策

物忘れがひどい!更年期における記憶障害の原因と対策

「更年期に入ったら物忘れがひどい」という方も多いことでしょう。ここでは、更年期における物忘れについて、その原因や対策方法などを解説します。

更年期障害による物忘れ

女性なら誰しもが通る道でもある更年期。実は男性にも十分起こりうる可能性があるのをご存知でしょうか。更年期に入ると、ホットフラッシュやめまい、倦怠感など、人により様々な症状を自覚するようになります。それら症状の中でも、更年期の女性の実に95%が経験すると言われている症状が、物忘れです。 モノの名前をすぐに思い出せなくなり、会話の中で「あれ」「それ」などの代名詞が頻出することがあるため、自分も周囲も「もしかして若年性の認知症になったのでは?」と不安になるかも知れません。

両者の原因は根本的に違う

下で詳しく解説しますが、更年期障害による物忘れの原因は、エストロゲン(女性ホルモンの一種)の減少、血行不良、ストレス、不眠など。一方、認知症による物忘れの原因は、記憶を司る脳細胞の自体の死滅です。 両者の原因は全く違います。更年期における物忘れは、脳細胞が死滅したことが理由ではないため、対策を打つことで改善を目指すことができます。

更年期で物忘れが生じる4つの原因

更年期障害による物忘れの原因は、主に以下の4点です。

血行不良

更年期障害の典型的な症状の一つが、血行不良。脳の働きには大量の血液が必要とされるため、血行不良になると記憶力や集中力などが低下します。

エストロゲンの減少

脳の働きを円滑にする役割を持つのが、脳内の神経伝達物質。エストロゲンには、この神経伝達物質が活発化するよう刺激を与える働きがある、と言われています。更年期に入りエストロゲンが減少することで神経伝達物質の働きが鈍り、その影響で物忘れが生じるのではないか、と言われています。

不眠

エストロゲンの分泌量が減少することにより自律神経が乱れ、その影響で体内時計などの睡眠サイクルも乱れます。結果として睡眠不足となり、脳の働きが鈍ってしまうことが考えられます。

ストレス

更年期障害による様々な症状は、心身への大きなストレスとなります。記憶を司る脳内の海馬は、ストレスにとても弱い組織。ストレスの影響もまた記憶力を低下させる要因になる、ということです。

誰でもできる!更年期の物忘れへの対策方法

誰でも簡単に実践できる物忘れ対策をご紹介します。手の指、足の指を動かすだけの、とても簡単な方法です。

手の指を動かす

  1. 目の前で両手をグーの形にしてください。
  2. 右手の親指と左手の小指を、同時に立ててください。
  3. 逆に、右手の小指と左手の親指を、同時に立ててください。
  4. 2と3を交互に繰り返してください。
  5. 慣れてきたら、だんだんスピードを上げてください。
  6. より慣れてきたら、左右の指の組み合わせを変えてみてください。

足の指を動かす

  1. 足の指をグーの形にしてください。足の裏がシワシワになるよう強く握ります。
  2. 足の指をチョキの形にしてください。親指が上を、他の4本の指が下を向くような形です。
  3. 足の指をパーの形にしてください。すべての指と指が触れないよう、足の指を横に大きく広げます。慣れるまで時間がかかるかも知れません。
  4. 両足の指でグー、チョキ、パーを自在に操れるようになったら、左右でじゃんけんをしてみましょう。

手の指と足の指を同時に動かす

  1. 右手の指と左足の指で、じゃんけんをしてみてください。
  2. 逆の組み合わせで、じゃんけんをしてみてください。
  3. 同じ側の手足でも、じゃんけんをしてみてください。
  4. 慣れてきたら、足の指をわざと後出しにして勝たせるなど、難度を上げて様々な工夫をしてみましょう。

男性更年期障害とは

更年期障害と言えば、女性に発症する症状という印象がありますが、この認識は誤りです。古くから、男性においてもホルモンの影響による更年期障害があることは知られていました。 一説には、女性更年期よりも男性更年期のほうが症状の程度は重く、かつ長期間にわたって続く、とも言われています。

男性更年期障害に見られる症状

男性更年期障害の症状は、大別すると「身体症状」「精神症状」「性的症状」の3点になります。

身体症状

ほてり、発汗、睡眠障害、関節や筋肉関連の症状など。多くは、女性更年期障害で見られる症状と同じです。

精神症状

抑うつ感、不安感、疲労感、イライラ、記憶力の低下、集中力の低下など。こちらも女性更年期障害に似た症状を呈します。

性的症状

性欲の低下やED(勃起不全)など。EDが抑うつ感を悪化させるなど、他の症状との相互関係が指摘されています。

男性更年期障害の原因

男性更年期障害の原因は、テストステロン(男性ホルモン)の分泌量の低下です。

テストステロンとは、男性らしい骨格や筋肉を形成するために不可欠なホルモン。性的衝動などを司るホルモンとしても知られています。
なお、テストステロンの分泌量のピークは20代。30代においても、20代と概ね同様の分泌量が維持されます。40代に入るとややその減少が目立ち始め、50代に入ると急激な減少が見られるようになります。 これらテストステロンの分泌量の推移からも分かる通り、男性更年期障害が後発する年代は50代以降。個人差により、早くは40代から発症する例も見られます。

男性更年期障害で最も多く見られる症状が記憶力・集中力の低下

男性更年期障害で見られる症状を統計的に見ると、上位10位は以下のようになります。

  1. 記憶力・集中力の低下
  2. 無気力
  3. 不眠
  4. 不安感
  5. 性欲低下
  6. 頭のもやもや感
  7. 頭が重い
  8. イライラ
  9. 発汗
  10. ED(勃起不全)

男性更年期障害の症状として見られる、実に第1位が「記憶力・集中力の低下」です。他にも、たとえば第2位の「無気力」、第3位の「不眠」、第6位の「頭のもやもや感」などは、記憶力の低下を助長させる大きな要因となるでしょう。 一般に男性更年期障害の症状として知られているのは「イライラ」や「性欲低下」ですが、実際には、記憶・集中力の障害が多いと認識を改めるべきでしょう。

テストステロンを増やすことで記憶力は改善する

女性更年期障害の原因は女性ホルモンの減少ですが、女性の場合、このホルモンの分泌量を人為的に増やすことはできません。
それに対し、男性更年期障害の原因である男性ホルモンの減少に対しては、各種の具体的な方法で対抗することができます。つまり、男性ホルモンの分泌量を増やすことができる、ということです。
男性ホルモンの分泌量が増えれば、男性更年期の症状を緩和させることができます。記憶力や集中力も改善していく可能性があるでしょう。 男性ホルモンの分泌量を増やす具体的な方法は、以下の通りです。

筋肉増強

男性が筋肉を使う際、筋肉は大量の男性ホルモンを必要とします。逆に言えば、筋肉を増強すれば、男性ホルモンの生成量が増えます。 運動をすることで男性ホルモンの分泌量が増えることは、すでに多くの研究機関で確認されています。

食事内容の見直し

ニンニク、玉ねぎ、牡蠣は男性ホルモンの分泌量を増やすことで知られる食材です。肉類や卵、乳製品などのタンパク質もまた、筋肉の原料となる意味では積極的に摂取したい食材でしょう。 また、男性ホルモンの原料には脂質が使われているため、極端な脂質制限は推奨されません。

十分な睡眠の確保

十分な睡眠をとることでストレス解消、疲労回復を図ることは、男性ホルモンの分泌量を増やすための大切な前提となります。

参考URL

日本生化学学会「脳海馬で合成される男性・女性ホルモンは記憶力を増強する」
https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2016.880342/data/index.html

日本新薬公式ホームページ「働き盛り世代を襲う男性更年期障害 男性ホルモン低下が招く多様な症状」
http://www.nippon-shinyaku.co.jp/healthy/male_urinaryorgans/male_menopause.html

物忘れ対策の新常識!
注目生薬の魅力に迫る

物忘れについての考え方 効果と副作用 市販の医薬品を含有量で比較