うっかりミスとはおさらばしよう!物忘れ対策で快適ライフ

物忘れ対策で注目のオンジ(遠志)
配合の医薬品を厳選!
物忘れ » そもそも「物忘れ」とは?なんでもQ&A » 物覚えを良くするお手軽な方法

物覚えを良くするお手軽な方法

物覚えを良くする簡単な方法ってあるのでしょうか?

今回はいくつか物覚えを良くする方法をご紹介します。

物覚えを良くする方法

①スマホを使うのを控え、物覚えを良くする

物覚えが悪くなったのは、スマホの普及も一つあります。スマホで検索をかければすぐ答えが出てしまいます。なので、たいていの人は頭で考えることなく、すぐスマホで検索をしてしまうことによって、記憶力が低下しているということがあります。また、漢字変換に関してもスマホに頼れば、すぐ漢字候補が出てくるので、自分で思い出すという作業がそもそもなくなっていると言えます。

では、物忘れを良くするにはどうしたら良いか?スマホの使う時間を制限する、というのが一つ方法としてあります。普段、反射神経的に電車の座席に座ったらスマホをいじったり、朝起きたらスマホをいじったり、そういう習慣をやめ、使用時間を制限することで記憶を向上させます。

もう一つとしては、文字にして記憶に残すというのがあります。皆さんも経験があると思いますが、受験勉強など書くことで記憶に残すということがあったと思います。そのように、例えば日記をつけるまでしなくても良いですが、日々やった出来事などを、メモるだけでも記憶力向上につながります。

②普段行かない道やお店に行って、物覚えを良くする

脳の中の記憶を司る、海馬(かいば)と呼ばれる部分があります。海馬が活性化すれば記憶力が上がるのですが、活性化するには、空間的な情報による刺激が必要だと言われています。また、感情を揺さぶれる体験などをする強い感情が伴った場合、長く記憶が残ると言われています。

物覚えを良くするには、いつも使っている帰り道を違う道から行ってみる。そうすることで、普段目にする街並みが違っていると、視覚にはいる情報が変わり、脳の刺激につながります。

会社や学校の帰り道に、いつもの行きつけの飲食店に寄るのもいいですが、たまには冒険して違うお店などで食事などをしてみれば、結果おいしくてもまずくても、脳の記憶に残るので物覚えが良くなるのです。

③ツボを押すだけで、物覚えを良くする

生活スタイルを変えてまで物覚えを良くしたいと思わないけど、少しの時間を使うだけで物覚えを良くすることもできてしまいます。ツボを刺激することで記憶向上にもつながります。記憶向上にきくツボはいくつかありますが、特に頭の中心にいくつかあります。

四神総(シシンソウ)と呼ばれる、つむじから前後左右親指幅のところにある4つのツボのことで、文字通り「神」は精神の意、「聡」は聡明の意、つまり4つのツボで精神状態を落ち着かせ、頭をスッキリさせる効果のあるツボです。それら4カ所にあるツボを、毎日10秒ずつ押すのを3回くらい繰り返す。これだけでも物覚えを良くすることができます。

④サプリメントを摂取して、物覚えを良くする

基本的に自分の生活スタイルは変えたくない、スマホは常に使って最新のトレンドを知っておきたい、いつもと違う店や道を通るなど非日常な事は避け、いい意味でルーティーンな生活を続けたい。少しくらいは費用は出してもいいけど、できれば今までのスタイルを変えず、物忘れをしないようにしたいという人には、漢方やサプリメントなどで物忘れを予防・改善していく方法もあります。特に、物忘れに効果のある脳の活性化や記憶力の向上に有効な「オンジ」という成分が注目されており、これらの成分が配合された漢方やサプリメントを摂るだけで物忘れを改善することもできます。

⑤部屋の模様替えを行なって、物覚えを良くする

人は、文字情報のみによって物を覚えているわけではありません。たとえば、子どもはリンゴという果物を初めて記憶するとき、リンゴという文字情報に加えて、大きさ、形、色、匂い、味などの感性的情報も動員してリンゴという物体を記憶します。

物覚えが悪いと感じている人は、この感性的情報のサポートをうまく活用できていないのかも知れません。言い方を変えれば、いわゆる右脳の使い方に難があり、効率的に記憶できていない可能性があります。

右脳を鍛える手軽な方法は、部屋の模様替えです。机や家具の配置、本の配置などを定期的に変えてみることで、「机がここにあると邪魔だ」「タンスがここにあったほうが使いやすい」「本はこのようにカテゴライズしたほうが探しやすい」など、感覚的作業が必然的に増えていきます。感覚を使うことでより住み心地の良い部屋を作っていく、という経験の蓄積が、やがて右脳の活性化へとつながり物覚えを良くしていくでしょう。

⑥電車内で見かけた人の背景を推測して、物覚えを良くする

他人の小さな表情や言動から機微を読み取り、その人が何を求めているのか、何をすれば喜ぶのか、と推察するとき、脳は一生懸命働いています。そのような推察の蓄積は、脳にとって素晴らしいトレーニングになっていることを覚えておいてください。

この脳トレーニングは、日常のあらゆる場面で行なうことができます。たとえば、移動中の電車の中。ビシっとしたスーツを身にまとっているにも関わらず髪がボサボサ、というビジネスマンがいたとしましょう。 あなたは「なぜこのビジネスマンは、こんなにアンバランスなんだろうか?」「何か理由があるのではないだろうか?」と考えます。

その理由として「昨夜の忘年会で飲み過ぎて寝坊したのではないか?」「宿泊したホテルにドライヤーの備えがなかったのではないか?」「昨夜の雨で自宅が停電してドライヤーを使えなかったのではないか?」等々、様々な理由を考えることができるでしょう。 髪がボサボサである背景が正しいかどうかではなく、髪がボサボサの背景をたくさん推測してみることこそが脳トレーニングとなり、物覚えの良い頭を作っていきます。

⑦帰宅後に一日の出来事を俳句にして、物覚えを良くする

一日の出来事を振り返り、これを記録に残すことで、脳が鍛えられて物覚えが良くなります。真っ先に思い浮かぶ方法は、日記でしょう。一日の出来事の細部までを思い出す作業、および、それを文字という表現法を使用してアウトプットする作業は、脳にとって良い刺激となります。

さらに良い方法が、ブログです。ブログは日記と異なり、他人が閲覧することを前提にしています。他人が読んだときに理解しやすい表現や構成を考えたり、また、読んだ人に不快感を与えないよう内容を工夫したりすることは、脳のトレーニングにとても有効です。

究極的な方法は、一日の出来事を一句で詠むこと。5・7・5という定型かつ少ない文字の中で、一日の出来事を端的に表現するためには、理性も感性もフル稼働させなければなりません。 なお、句を詠む際、季語などの厳格なルールは不要です。正しい句を詠むことが目的ではなく、脳を鍛えることが目的であることを、改めて確認してください。句作に凝り過ぎて、本来の目的を失わないようにしましょう。

⑧おしゃれな人の服装をまねて、物覚えを良くする

おしゃれな服装の人を見かけたら、思い切って、自分も同じような服装を試みてみましょう。試着を重ねる過程で、きっとあなたは「あの人はおしゃれに見えたのに、なんだか自分は不自然だ」と感じ始めるはずです。 おしゃれとは、洋服だけで完結するものではありません。髪型、体型、ルックス、歩き方など、様々な要素の統合の結果で完成するものです。統合を乱すような違和感が一点でもあった場合、「なんだか自分は不自然だ」と感じることでしょう。

この不自然さを解消するために、あなたは「自分には何がダメなのか」を考えるはずです。街で見かけたおしゃれな人に比べ、あなたは足が短いのかも知れません。顔が小さすぎるのかも知れません。肩幅が広いのかも知れません。 街で見かけたおしゃれな人に少しでも自然に近づけていくため、あなたは様々な微調整をするでしょう。この微調整のプロセスで、頭はフル回転します。すなわち、他人のおしゃれをまねすることは、効果的な脳のトレーニングになる、ということです。

究極的な方法は、一日の出来事を一句で詠むこと。5・7・5という定型かつ少ない文字の中で、一日の出来事を端的に表現するためには、理性も感性もフル稼働させなければなりません。 なお、句を詠む際、季語などの厳格なルールは不要です。正しい句を詠むことが目的ではなく、脳を鍛えることが目的であることを、改めて確認してください。句作に凝り過ぎて、本来の目的を失わないようにしましょう。

⑨普段は読まないような本を黙読して、物覚えを良くする

普段読まないようなジャンルの本を読むことで、脳が刺激されて物覚えが良くなっていきます。人が本を選ぶとき、当然ですが、自分の好きなジャンルの本、興味のあるジャンルの本を手にします。もちろん、自分の好きな本を読むことも脳には良い影響を与えるのですが、脳への刺激という点においては、いささか物足りません。なぜなら、脳がそのジャンルに慣れているからです。

脳を鍛えるためには、あえて普段は読まないような本を選び、真剣に精読してみることが有効。たとえば、普段は推理小説が好きな人は、あえてノンフィクションのルポなどを読んでみてください。あるいは、普段は評論・解説を中心とした本を選んでいる人は、往年の大作家の名作を選んでみてください。自己啓発系のビジネス本ばかり読んでいる人は、料理や家庭菜園の本を読んでみても良いでしょう。10年前、20年前に読んだことがある本を改めて紐解いてみても、行間から新たな発見を読み取ることができるなどし、脳への良い刺激となります。

書店では、自然に手が伸びる本をあえて選ばず、あまり踏み入れたことのない遠くの本棚に移動してみると良いでしょう。

⑩外出前の10分間で持ち物の整理をして、物覚えを良くする

人は、限られた時間の中で何らかの行動をするとき、非常に高い集中力を発揮します。 たとえば、大幅に朝寝坊をしたにも関わらず学校や会社に間に合った、という経験のある人は少なくないでしょう。寝坊に気付いた瞬間から展開される、恐るべき集中力と無駄のない俊敏な動き。時間が限られると、人の脳は、は普段にない驚異的な働きをします。

この理屈を転用し、たとえば外出前の持ち物の用意を、あえて前日に行なうのではなく、当日の出発10分前からスタートさせます。限られた10分間の中で持ち物を整理してカバンに詰め込むという作業は、脳に心地よい緊張感と集中力をもたらすことでしょう。

日常の小さなことでも構わないので、常に、時間の締切を設定してから行動することが大事。この蓄積が、やがては活性化された脳を常態化させ物覚えを良くしていくのです。

⑪尊敬する人の言動をまねて、物覚えを良くする

他人の背景を推測してみることが脳のトレーニングになる旨、先に説明しました(電車内で見かけた人の背景を推測して、物覚えを良くする)。これと同じ作用を脳にもたらすのが、「尊敬する人の言動をまねる」ことです。 そもそも、他人のまねをするということは、その人の思考パターン、感性、価値観などを深く理解していなければできません。まねの精度を磨いていく過程の中で、まねをする相手の様々な内面を推察したり、考えたりしていくことになります。

まねを極めていくこのプロセスこそ、脳を鍛えるトレーニングとなります。 ただし、誰かのまねをするにしても、興味のない人をまねの対象に選んでも、長続きはしません。まねをしたくなるような人物、すなわち、心から尊敬できる人物から人選していくことが大事。歴史上の偉大な人物でも構いません。会社の上司でも構いません。芸能人でも構いません。あるいは、身近な親族でも構いません。 自分が心から尊敬できる人物をみつけ、まずは「なぜ自分がその人物を尊敬するのか」について深く考察してみることからスタートさせましょう。

中年期以降の物忘れ対策に
「オンジ」配合の薬を比較しました!

物忘れ対策の新常識!
注目生薬の魅力に迫る

物忘れについての考え方 効果と副作用 市販の医薬品を含有量で比較