うっかりミスとはおさらばしよう!物忘れ対策で快適ライフ

物忘れ対策で注目のオンジ(遠志)
配合の医薬品を厳選!
物忘れ » そもそも「物忘れ」とは?なんでもQ&A » 楽しみながらボケ予防!将棋が秘める働きを解説

楽しみながらボケ予防!将棋が秘める働きを解説

物忘れなどが気になる方は、ボケ予防を兼ねて将棋を新しい趣味にしてみてはいかがでしょうか。将棋は脳のトレーニングにつながると言われています。具体的に、どのような働きを期待できるのでしょうか。以下で詳しく解説します。

脳に刺激を与える将棋

将棋は、ルールさえ覚えれば誰でも手軽に行える上、奥の深いゲームです。プロ棋士がいることからわかる通り、非常に高度な知的ゲームとなり得ます。将棋をするには、相手の手を読む集中力、注意力、思考力などが必要です。相手の手を読む作業は、脳の前頭葉に検索をかけることで行います。前頭葉が衰えると、脳内の情報を検索しづらくなるので物忘れがひどくなると言われています。この部分を鍛えることができるため、将棋はボケ予防に効果的な可能性があると言われているのです。

認知症を予防する効果が証明されているわけではない

ただし、認知症を予防すると科学的に証明されているわけではありません。様々な施設などで健康に対する効果を期待して取り入れられているゲームですが、健康に対する有効性を調べた研究は少ないとされています。現状では、効果を期待されている段階と言えるでしょう。効果が期待されている理由として、海外でチェスの認知症予防効果が確認されていることなどが挙げられています。また、国内では次の研究なども行われています。

脳を活性化し認知症の予防や進行を抑制することなどを目標に、ゲーム(将棋・パズル・トランプなど)、手遊び、話、軽スポーツ、手芸などを5カ月で20回(週1回)行った。認知症予防教室前後を比較したところ、79%が進行抑制を示し効果があったと考えられた。

参考: (PDF)斎藤潤ほかDementia Japan:認知症予防教室における対象者の判別法と評価法の検討[pdf]

将棋だけに取り組んだ研究ではないので将棋の認知症予防効果は不明ですが、脳を活性化する取り組みとして研究者に認められていることはわかります。積極的に取り組む価値はあると言えるかもしれません。

将棋を通した認知症予防の研究が始まっている

以上の通り、将棋には認知症を予防する働きが期待されています。現在のところ、科学的な裏付けはありませんが、兵庫県加古川市などが将棋を通した認知症予防の研究を始めています。結果を楽しみに待ちたいところです。できるだけ早く物忘れなどにアプローチしたい方は、オンジエキスを配合した医薬品を試すと良いでしょう。いくつかの医薬品を紹介しているので、こちらも参考にしてください。

参照URL

会話が認知症予防に良いとされる3つの理由|サライ
https://serai.jp/living/214917

将棋で認知症予防? 「棋士のまち」兵庫・加古川市が実証研究に着手|産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/171011/wst1710110037-n2.html

将棋、認知症予防に効果アリ! 脳内の情報を検索→「前頭葉」を鍛える|産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/170717/lif1707170023-n1.html

認知症予防教室における対象者の判別法と評価法の検討|斎藤潤ほかDementia Japan
http://square.umin.ac.jp/~dementia/19-2-177-186.pdf

物忘れ対策の新常識!
注目生薬の魅力に迫る

物忘れについての考え方 効果と副作用 市販の医薬品を含有量で比較