うっかりミスとはおさらばしよう!物忘れ対策で快適ライフ

物忘れ対策で注目のオンジ(遠志)
配合の医薬品を厳選!
物忘れ » そもそも「物忘れ」とは?なんでもQ&A » ボケ予防に活用したいオススメのアロマを紹介

ボケ予防に活用したいオススメのアロマを紹介

手軽にボケ予防に取り組みたいと考えている方はアロマを試すとよいかもしれません。なぜ、アロマが良いと言えるのでしょうか。その理由とオススメのアロマを紹介します。

アロマはアルツハイマー型認知症の予防に有効かも

アロマはアルツハイマー型認知症の予防に有効性が示唆されています。その理由として挙げられるのが以下の研究です。 介護老人保健施設に入所中の高齢者28例(アルツハイマー型認知症10例・脳血管性痴呆6例・混合型痴呆その他の痴呆、非痴呆12例)を対象に28日間アロマセラピーを行ったところ、アルツハイマー型認知症軽度~中度の方で自己に関する見当識の改善が見られました。 自己に関する見当識の改善が見られた理由は、匂いの刺激が加わることで、海馬で新しい細胞が作られたからと考えられています。アルツハイマー病では、神経原線維変化が海馬などで生じるため物忘れの前にニオイが分からなくなるとされています。

参考:(PDF) 木村有希ほかDementia Japan:アルツハイマー病患者に対するアロマセラピーの有用性(PDF)

アルツハイマー病は認知症で最多の原因疾患

アルツハイマー病は認知症で最も多い原因疾患です(65歳以上の認知症患者のうち4割程度・1995年)。アロマでアルツハイマー病を予防できる可能性が示されたことは、大きな意味を持つといえるでしょう。残念ながら、他の認知症に対する有効性は示されていません。この点には注意が必要です。

認知症の予防に活用したいアロマ

ここで気になるのが認知症の予防に有効と考えられているアロマです。どのアロマが有効と考えられているのでしょうか。

朝に利用したいローズマリーとレモン

朝の時間帯にオススメされているアロマが「ローズマリーとレモン」です。ローズマリーには記憶力や集中力を高める働き、レモンには気分をリフレッシュする働きがあると言われています。これらを組み合わせることで、活動性を高めるなどを期待できます。

夜に使用したいラベンダーとオレンジ

夜の時間帯にオススメされているのが「ラベンダーとオレンジ」です。ラベンダーには心身を落ち着かせる作用、オレンジには緊張を緩和する作用があると言われています。これらを組み合わせることで、心と体を解きほぐすことなどが期待できます。

アロマディフーザーの利用が便利

アロマを生活に取り入れたい方はアロマディフューザーを活用すると良いでしょう。本体に精油をセットして電源を入れれば、お部屋にニオイを拡散できます。併せて、オンジエキスを配合した医薬品を利用すればさらに効果的かもしれません。物忘れが気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

参照URL

アルツハイマー病患者に対するアロマセラピーの有用性|木村有希ほかDementia Japan
http://dementia.umin.jp/19-1-77-85.pdf

認知症のアロマ療法|健康長寿ネット
https://www.tyojyu.or.jp/net/byouki/ninchishou/ninti-aroma.html

認知症|知ることからはじめようみんなのメンタルヘルス厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_recog.html

認知症施策の現状|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11901000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Soumuka/0000069443.pdf

物忘れ対策の新常識!
注目生薬の魅力に迫る

物忘れについての考え方 効果と副作用 市販の医薬品を含有量で比較