うっかりミスとはおさらばしよう!物忘れ対策で快適ライフ

物忘れ対策で注目のオンジ(遠志)
配合の医薬品を厳選!
物忘れ » そもそも「物忘れ」とは?なんでもQ&A » 30代で物忘れが激しい!ひどいのは危険サイン?

30代で物忘れが激しい!ひどいのは危険サイン?

30代は働き盛りで記憶力が低下することはないと思われがちです。しかし、30代だからこその原因で、物忘れが激しい人が増えているそうです。この症状を放置していると、将来認知症などの病気に発展してしまうかもしれません。早い段階で改善できるように、その原因と対処法をお伝えします。

思い出せない!こんなこと思い当たりませんか?

このような事を繰り返すと仕事に支障が生じ、周囲との軋轢を生みやすくなります。

30代の激しい物忘れの原因

物事を覚えるのに必要な「集中力」や「記憶力」は日々の生活習慣で低下していきます。こんな原因が当てはまっていないか、チェックしてみてください。

ストレスで物忘れがしやすくなる

ライフイベントを迎える人が増える30代は、仕事や家庭からのプレッシャーが増えストレスを受けやすくなります。ストレスを感じると分泌されるホルモンは、脳の中で記憶をつかさどる海馬を萎縮させてしまうそうです。また、ストレスが溜まると情緒不安定になり、物忘れが激しくなりやすくなります。

生活リズムの崩れで物忘れをしやすくなる

夜遅くまで仕事をする。家事育児に追われるなど、不規則な生活をしていると頭がぼんやりとした状態になります。 起床・就寝時間がバラバラだと、生体リズムが安定せず、脳の機能が衰えてしまいます。まずは起床時間と就寝時間を一定にして、生活リズムを安定させることが重要です。

ネットの頼りすぎで物忘れがしやすくなる

仕事で手放せなくなっているパソコンやスマートフォン。すぐ答えが手に入ることで、脳を使って考え記憶をすることがなくなりました。脳は日頃から使っていないと、年齢に関係なく衰えしてしまいます。自分の頭で考える癖をつけるようにしましょう。

ルーチンワークで物忘れをしやすくなる

毎日、家と職場の往復や似たような仕事をしていませんか。同じことのくり返しで刺激のない生活をしていると、脳が慣れて思考が停止してしまい物忘れをしやすくなります。また、考える暇を持てないハードワークは、判断をする瞬発力は鍛えられますが、頭を使うことが減少するため、長期的にみると物忘れが激しくなります。

病気が原因で物忘れをしやすくなる

若年性健忘症や若年性認知症(若年性アルツハイマー)など脳の機能が損なわれる病気やうつ状態になると、物忘れが症状として現れます。しかし、物忘れを起こし、仕事や生活に支障をきたすようになっても、「若さから認知症と思わない」「疲れから」と自己診断を行い、診断までに時間がかかってしまうケースがみられます。違和感を感じたら専門の医療機関に相談しましょう。

激しい物忘れの改善方法

脳を活性化し、物忘れを防ぐためにできる対策はあるのでしょうか。

それは、運動する習慣と人と話す習慣をつけることです。

例えば、誰かと会話ができるくらいの速さで歩くと、効率のよい有酸素運動になるといわれています。これらを行う事で、ストレスの解消と脳の活性化に繋がります。継続できるように頑張りましょう。

新たなチャレンジや得意なことを始める

新たなチャレンジをすることは、脳の中の神経細胞を活性化することにつながります。脳細胞は使われなければ、脳細胞は定着していきません。定着しないことを予防していくには、何か新しいことを学習する行為が必要です。計算が得意なのであれば、百マス計算を継続して行なっていくのもいいでしょう。将棋や囲碁に興味があるのであれば、「対戦相手が変わるたびにどうしていくのか」考えていく必要があるのでアリです。何かに挑戦してみて、続かないのであれば次のことにチャレンジすればいいのです。趣味でなくても構いません。自分の性格に関して深く考えず、とにかく何かをやってみることが重要です。

ストレスをコントロールしていく

ストレスを感じると、脳の中にダメージを与えてしまいます。特に、近親者の死や重病、金銭問題、過労で強いストレスが続いてしまうと、脳は大きなストレスを感じてしまいます。ですので、日頃からストレス耐性を上げていくことが重要です。軽めのストレスを幾度も乗り越えてきた人は、ストレスの対処能力にも優れるようになるといわれています。定期的に部屋の模様替えをしてみたり、普段の恰好よりもおしゃれして出かけてみたり、少しずつストレス耐性を上げていくことが重要です。合わせて、過度なストレスに対処していける力を身につけられるといいでしょう。

出社前・退社後に運動習慣をとり入れる

身体を動かせば、血流が良くなって脳内の血行促進にもつながっていくでしょう。血の巡りが良くなると、脳の健康状態を維持していくことができます。

睡眠時間の確保をする

睡眠をとる前に、PCやスマホを見ないようにしましょう。睡眠する数時間前には食事を済ませ、1時間前にはお風呂に入りストレッチできたら、なお良いでしょう。睡眠する直前にノンカフェインドリンクを飲むのもアリです。

食事は栄養バランスを意識

物忘れを改善していくにあたり、青魚や大豆の摂取を意識してください。脳の神経細胞を作るといわれている「DHA」、「アラキドン酸」の2つの成分をとるようにしましょう。どちらも脂肪酸の種類で、細胞分裂の一助になると知られています。ですが、脂肪酸を摂ることだけを意識しすぎてはいけません。ブドウ糖やアミノ酸、コレステロール、タンパク質などバランスよく摂り入れるようにしましょう。

30代ビジネスマン。仕事の忙しさが海馬にダメージを与える

30代全般の物忘れの原因は上述の通りですが、同じ30代でも、極めて多忙な30代ビジネスマンにおいては、仕事の量によるストレスが原因で物忘れを生じる、というケースが圧倒的に多いと推察されます。

自覚のない巨大なストレスが海馬を委縮させている

一般的な30代ビジネスマンは、たとえば7時間でやるべき仕事に対し、7時間という時間を与えてもらうことはできません。2~3時間程度の中で7時間の仕事をこなさなければならない、という30代ビジネスマンも少なくないでしょう。 なおかつビジネスマンは、通常、1つの仕事に集中して作業をすることを許されていません。同時進行で3つも4つも仕事を進めていかなければ、毎日、朝がやってくるでしょう。

ストレスを感じる暇がないほど忙しい30代ビジネスマン。多くの30代ビジネスマンは、自覚のない巨大なストレスを蓄積させているのではないでしょうか。 すでに説明した通り、ストレスは、短期的な記憶を司る海馬という組織にダメージを与えます。海馬に負荷を与えてしまう以上、物忘れを避けることはできません。記憶力に頼らず、何らかの具体的な対策を考える必要があるでしょう。

忙しい30代ビジネスマンにおける物忘れの予防法

自力で物忘れのない頭脳を作り上げることができるならば、それはとても理想的です。しかしながら、仕事にプライベートにと忙しい30代ビジネスマンにとって、怒涛のように押し寄せる情報量と処理作業を前に、一個の頭では太刀打ちできないこともあるでしょう。仕事上の評価が下がらないよう、物忘れを予防する具体的な対策が望まれます。

記憶力に頼り過ぎないこと

もの忘れをするということは、記憶力に頼り過ぎているという前提があるからです。記憶力と別の客観的ツールに頼っていれば、もの忘れをする道理がありません。

具体的には、何らかのチェックツールを用意することが大事。仕事やプライベートなどをカテゴライズする必要はありません。単に日付順・時間順に行なうべきことを羅列するほうが、モレのない行動を約束します。

チェックツールの典型が、昔からあるビジネス手帳。先輩や上司からの助言によりビジネス手帳を持っている人も多いと思いますが、上手に活用できているでしょうか?予定を書き込むことで安心していないでしょうか?ビジネス手帳の最大の役割は、書き込んだ予定を「確認」することです。毎朝、かならず当日の予定を「確認」する癖をつけてください。

さらに言えば、アナログなビジネス手帳よりも、スマホ等のアプリを利用したスケジュール帳のほうが、より手軽かつ確実。職場の風土にもよると思いますが、できればデジタルツールで予定を管理するようにしたいものです。

中年期以降の物忘れ対策に
「オンジ」配合の薬を比較しました!

物忘れ対策の新常識!
注目生薬の魅力に迫る

物忘れについての考え方 効果と副作用 市販の医薬品を含有量で比較