うっかりミスとはおさらばしよう!物忘れ対策で快適ライフ

物忘れ対策で注目のオンジ(遠志)
配合の医薬品を厳選!
物忘れ » 物忘れの改善方法とは? » 食生活の改善 » ボケ予防とカレー

ボケ予防とカレー

現在の医学では、認知症を回復させる根本的な治療法がないといわれています。

しかし、認知症の予防や初期症状の改善が期待されている食べ物にカレーがあります。物忘れを防ぐために、カレーについて知り、ボケ防止の食習慣を始めましょう。

ボケない食材を揃えたカレー

カレーを頻繁に食べるインド人。

実はインドにはアルツハイマー型認知症が少なく、米国と比べて患者の割合は4分の1と圧倒的に認知症の発症確率が低いというデータがあります。

理由の1つにあげられているのがインドの国民食であるカレーです。カレーには様々なスパイスが含まれます。中でもカレーの主成分となるターメリック(ウコン)に含まれるクルクミンは、アルツハイマー型認知症を引き起こす「アミロイドβタンパク」を分解し、脳内蓄積を防ぐ効果があるといわれています。

これは、あくまでも臨床実験の結果です。クルクミンが脳を修復するかは、まだ検証が必要とのことですが、カレーを食べることで認知症の予防に繋がると考えられています。

アルツハイマー型認知症とは

認知症の中で最も発症が多いのは、脳が萎縮することによって起こるアルツハイマー型認知症です。

アルツハイマー型認知症は、脳の中にアミロイドベータという物質が作られ、神経細胞が死滅して脳が線維化することで発症します。その結果、脳全体が委縮してしまうのがアルツハイマー病です。ターメリックに含まれるクルクミンには線維化を抑制する作用があります。

クルクミンとは

クルクミンは、ターメリック(ウコン)に含まれている黄色の天然色素です。

カレーや、たくあんの色付けなどにも使われます。ポリフェノールの一種で、抗酸化作用があり、肝機能の向上や、コレステロール値の改善作用など、様々な効果が期待できるといわれています。

しかし、クルクミンは過剰摂取を続けると消化管障害を起こす可能性があり、1日の許容摂取量が定められています。バランスよくクルクミンを摂取するために「カレー」がおすすめです。

ボケを防止するカレーとは

カレーのスパイスは血流を良くして脳を活性化させます。野菜をたっぷり入れて糖代謝を良くし、脳のエネルギー補給を助けるビタミンB1を豊富に含む玄米にかける食べ方がおすすめです。

また、多めに作っても、作り置きしたものをカレー肉ジャガなど別の料理にできて便利です。辛いのが苦手な人は、カレー粉をサラダにかけてみて下さい。しかし、市販のカレー粉やルーは、ターメリックの含有量が低いため、ターメリックを追加で混ぜて頂きたいです。

さらに、きな粉を入れるとレシチンの効果で、クルクミンの吸収率が高まります。レトルトカレーは、野菜の量が少なめで、化学調味料が多いので、できれば手作りカレーを多めに作って小分けして冷凍しておきましょう。また、自分で調理すれば、脳への刺激となってなお効果的です。

カレーにこのような効能があったなんて驚きですね。実は、カレーに使うスパイスはインドや中国では古来より薬としても使用され、がんや糖尿病、高脂血症の予防に効果があることも明らかになっています。カレーは食べる漢方薬と言ってもよさそうです。

中年期以降の物忘れ対策に
「オンジ」配合の薬を比較しました!

物忘れ対策の新常識!
注目生薬の魅力に迫る

物忘れについての考え方 効果と副作用 市販の医薬品を含有量で比較