うっかりミスとはおさらばしよう!物忘れ対策で快適ライフ

物忘れ対策で注目のオンジ(遠志)
配合の医薬品を厳選!
物忘れ » 年齢や年代によって物忘れの症状は違う? » 50代で物忘れが激しい!ひどいのは危険サイン?

50代で物忘れが激しい!ひどいのは危険サイン?

「人の名前を思い出せない」「何をしようとしたか忘れてしまった」加齢とともに、物忘れが多くなります。「ひょっとして認知症?」と不安に感じるかもしれませんが、加齢に伴う物忘れと、認知症は大きく異なります。ここでは、物忘れと認知症の違いや原因と対処法をお伝えします。

この物忘れは病気?

人間の脳は50代から老化が始まるといわれます。老化から(生理的な)物忘れであれば心配はありません。しかし、同じ物忘れでも病的なものから生じるもので多いのが認知症です。

生理的な物忘れとは

人間は誰しもが歳を重ねると同時進行で、脳の様々な機能も徐々に徐々に低下し、年齢ごとに物忘れという症状が出てきます。例えば「物を置いた場所を忘れた」などです。出来事の一部を忘れ、自分が忘れていることには自覚があります。

病的な物忘れとは

認知症などの病気による物忘れは、「人と約束したこと自体を忘れる」「ガスや湯沸かし器などをつけたことを忘れる」といった、出来事そのものを忘れ、物忘れをしている自覚がないのが特徴です。そして徐々に物忘れが激しくなります。

軽度認知障害とは

認知症の前段階といわれる軽度認知障害(MCI)は、認知機能(記憶・決定・意味づけ・実行)に低下が見られるものの、日常生活に支障がなく過ごせている状態のことです。MCIの段階では物忘れが激しくなったということの他、注意力が落ちて家事や仕事に手間取ったり、同時に二つ以上の物事を行ったり、整理整頓が困難になったりといった症状が見られます。MCIの状態を放置してしまうと認知症になる確率が非常に高くなります。

物忘れと認知症における前兆の違いとは

加齢による物忘れと病気が原因の物忘れは前兆が異なります。 自分自身の物忘れが年齢によるものなのか、病気によるものなのか 兆候を知り、もし病気の可能性が高ければ専門の医療機関に行くのがいいでしょう。

下記は、厚生労働省が運営している「みんなのメンタルヘルス」というサイトで掲載されている物忘れかどうかを 判断できる指標になります。ぜひ参考にしてみてください。

物忘れと認知症の前兆の違い
正常なもの忘れ 認知症によるもの忘れ
もの忘れの範囲 出来事などの一部を忘れる
(例:何を食べたか思い出せない)
出来事などのすべてを忘れる
(例:食べたことそのものを忘れる)
自覚 もの忘れに気づき、思い出そうとする もの忘れに気づかない
学習能力 新しいことを覚えることができる 新しいことを覚えられない
日常生活 あまり支障がない 支障をきたす
幻想・妄想 ない 起こることがある
人格 変化はない 変化する(暴言や暴力をふるうようになる、怒りやすい、何事にも無関心になるなど)

出典

厚生労働省「知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス」総合サイト

朝田隆著:「家族が認知症と診断されたら読む本」日東書院p.33より改変

違和感があれば専門の医療機関へ!

物忘れが激しくなってきたと気になったら、なるべく早い段階で専門の医療機関へ受診した方が良いでしょう。一般的には脳外科、精神科、心療内科、神経外科などで診てもらう事が出来ます。また最近は、物忘れに関する診療を専門的に行う「物忘れ外来」を設ける総合病院が増えてきました。

認知症という症状の研究は数十年前に比べると格段と発展しており、発生した初期段階で治療を始め、周りの環境を整えるなどの的確な判断で、認知症の進行や悪化を遅らせることができます。

自分の老化を認めたくない。家族に迷惑をかけたくないからと自己判断で放置してしまうと、自分で対処することができなくなり、取り返しのつかないことにもなりかねません。また、家族や周りがいち早く気づいてあげることも重要です。日頃からのコミュニケーションを大切にしましょう。

激しい物忘れの対処方法

50代の物忘れは、日頃の生活習慣と深く関わっています。日頃の生活習慣を一度確認することで、対策を練ることができます。

規則正しい健康的な生活

禁煙やお酒は適度に控える。栄養バランスの良い食生活の見直し。定期的な運動習慣や十分な睡眠をとることで、脳も身体も健康な生活を目指しましょう。

家族や友人とのコミュニケーション

日頃からいろいろな人とコミュニケーションをとり、考えることがで脳への良い刺激になります。おしゃれをして出かけたり毎日明るく過ごすことも大切です。

これらを長く続けていくことで、激しい物忘れの改善や、病的な物忘れの予防になるといわれています。ぜひ、日々の生活から意識をしてみてください。

中年期以降の物忘れ対策に
「オンジ」配合の薬を比較しました!

物忘れ対策の新常識!
注目生薬の魅力に迫る

物忘れについての考え方 効果と副作用 市販の医薬品を含有量で比較