うっかりミスとはおさらばしよう!物忘れ対策で快適ライフ

物忘れ対策で注目のオンジ(遠志)
配合の医薬品を厳選!
物忘れ » 物忘れの原因はここにある » 生理前に物忘れがひどいと感じたら

生理前に物忘れがひどいと感じたら

物忘れは、生理前の症状として現れることがあります。イライラや不安感、体の張りや痛みなどさまざまな症状が併発するため、生理と物忘れが関連していると思わない方も多くいます。ここでは物忘れと生理前の体の関係について、まとめました。ホルモンバランスの乱れが脳や体に及ぼす影響、生理前に物忘れが起こるメカニズムなども紹介しているので、参考にしてみてください。

物忘れと生理前の関係について

物忘れと生理前の時期には深いかかわりがあり、生理前は通常よりも物忘れをしやすいことがわかっています。人によっては普段は何ともないのに生理前だけ物忘れがひどくなる、というケースも。この場合、物忘れの症状は生理が始まると落ち着き始め、元に戻ることが多いとされています。

物忘れはなぜ起こる?

生理前の物忘れは、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされています。女性ホルモンであるエストロゲンは受容体が全身にあり、体を健康に保つサポートを担っている部分です。そのため、生理前に女性ホルモンのバランスが崩れると、うつやイライラ、頭痛などの症状が出ることがあります。物忘れはこういった気分障害に伴って現れやすく、人によっては長期間続くことが報告されています。

また、ホルモンの量によって生理前に出る症状が異なるのも特徴です。改善するには崩れたホルモンバランスを調整して元の状態に戻す必要があります。物忘れの症状は脳の神経伝達物質を増やすエストロゲンが不足して起こるため、エストロゲンの補充療法を行いましょう。 ただしほかの症状と組み合わさっている場合はPMS(月経前症候群)の可能性が高いため、医師に相談しましょう。

ホルモンバランスの乱れが物忘れにつながる

女性ホルモンのエストロゲンは全身の機能にかかわっており、自律神経の安定や臓器・骨の健康維持、美肌など多くの効果をもたらす成分です。生理周期にはエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンがかかわっていますが、この2つのバランスが崩れることで多くの不調が引き起こされます。物忘れもその一つで、女性ホルモンが減少して脳の機能が低下することで起こります。

生理前は女性ホルモンの量が変わり、体内のホルモンバランスが乱れるように。すると体の機能がうまくはたらかなくなり、いろいろな症状を引き起こすのです。この生理前の状態が長期間続くものをPMS(月経前症候群)といいます。

落ち着きが無く怒りっぽい

物をなくしやすい人のなかで、普段から「短気で怒りやすい」「不注意なところが目立つ」ような人は、ADHD(発達障害)である可能性も。ADHDの場合、症状をコントロールする行動療法や症状を抑える薬を併用して物忘れをなくしていくことができます。周囲の理解とサポートも必要です。

生理前の症状はエストロゲンとプロゲステロンの両方がかかわっていますが、どちらが少ないかで症状は異なります。一般的にエストロゲンが減ると気分が沈みがちに、プロゲステロンが減るとイライラすることが多くなるようです。 特に排卵期にエストロゲンが多くつくられる人は生理前の黄体期にエストロゲンが急激に減ることから、うつや不安感、物忘れなどが起こりやすいとされています。

エストロゲンが物忘れを引き起こすメカニズム

エストロゲンは神経伝達物質を増やして作用を強めるはたらきを持っています。脳にあるエストロゲン受容体は学習と記憶をつかさどる海馬や、感情によって起こる反応の処理をする偏桃体などに存在。それぞれ記憶や判断などを担っています。

エストロゲン量が大きく減少するとセロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質が足りなくなり、海馬や偏桃体の機能が低下。そのため、記憶や学習がしにくくなり物忘れが起こるのです。エストロゲンの減少が体調に出やすい人は、物忘れだけでなく判断力の低下も起こりやすい傾向があります。

ホルモンバランスの乱れで起こる症状

ホルモンバランスが崩れると、物忘れ以外にもいろいろな症状が起こることがわかっています。ただし 代表的な症状は以下の通りです。

精神的な症状

身体的な症状

崩れたホルモンバランスを元に戻すのが大切

生理前の物忘れはホルモンバランスの乱れによって引き起こされるため、ホルモンの量を調整することで元に戻ると考えられています。生理前の物忘れを改善する対策方法として、次の2つが挙げられます。

ホルモン補充療法

崩れたホルモンバランスを元に戻すには、足りないホルモンを補充する方法が適しています。ホルモン補充療法はホルモン値が安定するため、不安感や物忘れなどの症状が軽減されやすく改善を実感する人が多いのも特徴です。

44~50代の女性がホルモン補充療法を受けたところ、80%の割合で症状が改善されたことがわかっています。ただし50代以上の女性には効果があまり見られなかったようです。 また、20~30代女性で物忘れやうつの症状があるPMSの人もホルモン補充療法を受けることがあります。

そのため、ホルモン補充療法を受ける場合は50代以下の年齢、もしくは閉経前の期間が最適です。

対処療法

長期間症状が続くPMSが原因の場合、明確な治療法はわかっていません。さまざまな治療法がありますが、どれもPMSに確実に効果があるかは証明されていないのです。もし病院でPMSと診断された場合は、症状に応じた対処療法が必要になります。主な対処療法としては、以下の方法があります。

参考URL

石川県医師会:女性の健康ハンドブック[pdf]
http://www.ishikawa.med.or.jp/Female_health.pdf

物忘れ対策の新常識!
注目生薬の魅力に迫る

物忘れについての考え方 効果と副作用 市販の医薬品を含有量で比較