うっかりミスとはおさらばしよう!物忘れ対策で快適ライフ

物忘れ対策で注目のオンジ(遠志)
配合の医薬品を厳選!
物忘れ » 物忘れの原因はここにある » 物忘れとバセドウ病の関係性

物忘れとバセドウ病の関係性

最近首の腫れや物忘れがひどいと感じたら、バセドウ病を発症している可能性があります。ここでは、バセドウ病と物忘れとの関係性について詳しく解説。病気の原因や病気の検査・治療方法、予防に関する情報も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

バセドウ病についての原因

バセドウ病とは、甲状腺で作られるホルモン量が必要以上に過剰になることで生じる病気です。

甲状腺とは?

甲状腺とは、のどぼとけの下に位置していて、蝶が羽根を広げた形に似ている重さ約10~20gの小さな臓器のこと。新陳代謝を活発にする「甲状腺ホルモン」を分泌する働きを持っています。

バセドウ病の原因

体質の変化などにより、甲状腺を異物とみなして特殊な抗体(TSHレセプター抗体)が作りだされます。この抗体が甲状腺を刺激し続けることで、甲状腺で作られる甲状腺ホルモンが過剰に分泌。その分泌により新陳代謝が活発になりすぎて発症してしまうのがバセドウ病です。 バセドウ病は20~40代の女性に多い病気の一つ。患者の男女比は男性1人に対して、女性が4人だと言われています。

バセドウ病の症状と物忘れについて

甲状腺ホルモンが過剰に作られ新陳代謝が高まると、以下のような症状を引き起こします。

バセドウ病の症状

全身の症状

顔つき・首

精神症状

皮膚

筋骨症状

血液値

甲状腺機能に異常が生じ、新陳代謝が高まることで「常にジョギングしている」ような状態になり、汗が多くなったり、脈拍が速くなったりします。また、脱毛や筋力の低下、血糖値の上昇といったさまざまな症状があらわれます。ただし、症状は徐々に進行するため、バセドウ病にかかっている認識が遅れて重篤化するケースも多いようです。

バセドウ病の症状による物忘れ

バセドウ病により、集中力の低下や思考が遅くなるといった症状を引き起こす場合があります。それに加えて、複雑な問題の解決能力が低下することも。これによって物忘れがひどくなり、今まで興味があったことへの関心もだんだん薄れていきます。

バセドウ病による眼球突出について

バセドウ病によって、目の輝きが強くなったり、顔つきがきつくなったりといった目の症状が出る場合があります。さらに症状が進行していくと、眼球突出の症状があらわれることも。眼球突出は、目の周りにある筋肉や脂肪組織が炎症を起こし、腫れることで眼球が前に押し出される症状のことです。ただし、バセドウ病による眼球突出をきたす割合としては、約3割だと言われています。

バセドウ病の検査と治療方法

バセドウ病の検査方法

バセドウ病の検査は、主に血液検査と超音波検査です。血液検査では、血液中の甲状腺ホルモン量と甲状腺を刺激する抗体の存在を調べます。超音波検査では、甲状腺の大きさや形を確認します。

薬物療法

バセドウ病の主な治療方法として、薬物療法があげられます。定期的に行う血液検査をもとに、甲状腺ホルモンの分泌を抑える薬を服用。血液に含まれる甲状腺ホルモンの量を調整します。薬による治療で甲状腺の腫れがおさまり、引き起こされる症状も改善していきますが、薬物療法は長期にわたって行われるため、根気が必要です。また、皮膚のかゆみや肝障害、白血球の減少といった副作用があらわれることもあります。

その他の治療法

薬物療法が受けられない、症状が重く薬物療法で改善が見られないなどの場合は、手術療法や放射線ヨウ素治療(アイソトープ)を行います。 手術療法では、甲状腺の一部を残して大部分の甲状腺を切除。放射線ヨウ素治療は、放射線を放出するヨウ素のカプセルを内服して治療する方法です。

年齢や甲状腺の大きさ、バセドウ病における眼症状の有無、合併疾患の有無といった条件を考慮したうえで、どちらの治療法が適しているのかを判断します。医師とよく相談し、治療方法を決めましょう。

バセドウ病についての予防法とは

バセドウ病は、根本的な発症原因が分かっていないため、特定の予防や対策はありません。そのため、早期の発見・治療が重要となります。

早期発見は甲状腺検査がカギ

バセドウ病には、イライラや不眠、かゆみ、むくみといった、他の病気の場合でも生じる可能性のある症状があらわれます。そのため、内科や皮膚科、婦人科などを受診するも、原因が分からないというケースも多く見られるようです。原因不明の体調不良に見舞われた場合は、一度甲状腺検査を受けることをおすすめします。また、首の腫れや目元の変化などはバセドウ病の特徴でもあるので、鏡を見るときは、首元の腫れや目の状態も確認するようにしましょう。

近年では人間ドックや甲状腺ドックなどで甲状腺の検査を行っている医療機関もありますので、自主的に検査を受けてみてはいかがでしょうか。

参考URL

南東北がん陽子線治療センター:甲状腺の病気
http://www.minamitohoku.or.jp/up/news/konnichiwa/200808/clinic.htm

独立行政法人 国立病院機構 京都医療センター:甲状腺の病気について
http://www.hosp.go.jp/~kyotolan/html/guide/medicalinfo/endocrinology/kojyosen.html

物忘れ対策の新常識!
注目生薬の魅力に迫る

物忘れについての考え方 効果と副作用 市販の医薬品を含有量で比較