うっかりミスとはおさらばしよう!物忘れ対策で快適ライフ

物忘れ対策で注目のオンジ(遠志)
配合の医薬品を厳選!
物忘れ » 物忘れの原因はここにある » 物忘れと平衡感覚の関係

物忘れと平衡感覚の関係

物忘れは誰にでも起こりうる症状です。ストレスや加齢などさまざまな原因がありますが、加齢による物忘れや認知症では平衡感覚の異常が起こることがあります。このページでは、物忘れと平衡感覚の関係についてまとめました。

平衡感覚の異常は物忘れと関係している?

物忘れの症状が出ている人の中には、加齢によって体の位置や運動の変化を感知する平衡感覚が衰える人もいます。また、平衡感覚の異常は認知症の初期症状であることから、物忘れではなく認知症を患っている可能性も。最近忘れっぽくなったという人は、症状を確認しただの物忘れなのか、それとも認知症なのかを確認する必要があります。

実際は違う?物忘れと認知症の症状

人の名前が思い出せなくなったり、物をしまった場所が思い出せなかったりすることがあります。これは加齢による物忘れがほとんどで、病気ではありません。 しかし、体験を忘れることが増えると、認知症(脳の損傷で認知機能が低下した状態)の可能性が高くなるのです。物忘れと認知症の症状には、次のような違いがあります。

物忘れの特徴

認知症の特徴

物忘れは体験したことの一部分だけを忘れてしまうため、ヒントをもらえば思い出せます。しかし認知症では体験自体を忘れてしまうことからまったく思い出せず、進行すると判断力・時間間隔が低下。日常生活に支障をきたすとされています。

こんな人は要注意!

次の項目に当てはまる場合、認知症の可能性が高いと考えられています。

認知症は加齢による物忘れと違い、放っておくとだんだん進行していきます。日常生活で違和感を感じたり、忘れっぽいことを周りから指摘されることがあっあtりするなら、万が一を考えて専門医を受診しましょう。

認知症で平衡感覚が低下する原因

認知症を患った際に平衡感覚が衰える原因として、以下の事柄が挙げられます。

小脳の機能低下

平衡感覚は小脳によって正常に保たれ、体のバランスや運動による動きを感知している機能です。しかし認知症になると、脳が小さくなり多くの機能が低下します。 平衡感覚をつかさどる小脳のはたらきが衰えると、平衡感覚が低下。体のバランスがうまくとれなくなり、自由に動かすことが難しくなります。すると転倒や転落、歩行状態の異常などさまざまな支障をきたします。

向精神薬の服用

認知症を患っている人の中には、精神疾患を併発している人もいます。そのため、感情の抑制コントロール用に向精神薬を服用することも。
しかし一部の向精神薬は副作用として神経系に影響をもたらすことから、平衡感覚を低下させるおそれがあります。高齢者では歩きにくい、体のバランスがとりにくいといったケースも報告されているため、転倒しないよう注意が必要です。

認知症症状による動きの減少

認知症の中でも、レビー小体型認知症はパーキンソニズム(パーキンソン病様の症状)を伴うため、平衡感覚が低下しやすいと考えられています。 レビー小体型認知症では動きが減る、体が固くなるといったパーキンソニズムが平衡感覚の機能低下を招き、転倒や自立困難などにつながります。

認知症症状による動きの減少

加齢による物忘れ・認知症で平衡感覚が衰えている場合、次のような対策によって改善できる可能性があります。

転倒・転落による症状の悪化を防ぐ

平衡感覚を鍛える

認知症で平衡感覚が衰えている場合、日常生活で転倒するリスクが高くなります。転倒すると最悪寝たきりになり、さらに認知機能が低下してしまうことも。悪化を防ぐためには、平衡感覚を鍛えておくことが大切です。
以下で平衡感覚を鍛える方法を紹介します。

ただし、平衡感覚を鍛えたからといって認知機能が元に戻るわけではありません。あくまで悪化するのを防ぐ対策として活用してください。

マットやベッド柵などを設置する

もし転倒した場合、硬い床だと骨折や神経系の損傷が起こりやすくなります。倒れたときの衝撃をやわらげるためにも、タイルマットを設置しておきましょう。絨毯や繊維が長いマットは引っかかる可能性があるため、避けるのが無難です。また、ベッドを使用している人は落ちないように柵を付けるのも効果的だといわれています。

脳の活性化を促す

加齢が原因で平衡感覚が低下している場合、脳を活性化することで認知機能が改善されるかもしれません。漢方や医薬品を利用し、脳のはたらきを向上させることで平衡感覚が元に戻る可能性があります。

参考URL

慈恵大学:老年外来 ~いつまでも元気で寝たきりにならないために~[pdf]
http://www.jikei.ac.jp/hospital/daisan/pdf/rounen_gairai.pdf

健康長寿ネット:認知症のBPSDに向精神薬を服用する際に気をつけてほしいこと
https://www.tyojyu.or.jp/net/byouki/kango/bpsd.html

物忘れ対策の新常識!
注目生薬の魅力に迫る

物忘れについての考え方 効果と副作用 市販の医薬品を含有量で比較