うっかりミスとはおさらばしよう!物忘れ対策で快適ライフ

物忘れ対策で注目のオンジ(遠志)
配合の医薬品を厳選!
物忘れ » 物忘れの原因はここにある

物忘れの原因はここにある

物忘れを改善!あなたの原因はどのタイプ?

物忘れを改善していくためには、どんなことが原因で起こっているのかチェックしておく必要があります。

人それぞれ生活スタイルが異なるため、自分の物忘れを引き起こしている原因をしっかり突き止めて欲しいと思います。

加齢による物忘れ

物忘れの多くの原因は加齢によるもの。実は20代から徐々に始まっていると考えられています。

脳の奥にある記憶を管理している「海馬」の神経細胞が減少することで、どんどん記憶力が低下していくため、物忘れが起こってしまうのです。

脳に適度な刺激を与えてあげることで予防していくことが出来るので、積極的に色々なことをチャレンジして脳の老化を予防して行きましょう。

加齢による物忘れについて詳しく見る

食生活の乱れによる物忘れ

毎日の食事バランスも物忘れに影響を及ぼします。

昔とは異なり不規則な食生活や欧米化された食文化によって、日本人の食生活は栄養バランスが乱れており、脳に必要な栄養素が行き届いてない状態となっています。

外食やファーストフード中心の食生活を改善し、栄養バランスの整った規則正しい食事に改善しただけで物忘れが緩和されることも明らかになっているので、心当たりのある方は食生活を見直してみましょう。

食生活の乱れによる物忘れについて詳しく見る

ストレスによる物忘れ

現代社会においてストレスは誰もが抱えており、強いストレスを抱えた状態が続いてしまうと脳の記憶が作られなくなってしまいます。

ささいなストレスに過剰反応してしまう「ストレス脳」になってしまうと、物忘れの症状も悪化してしまいます。

自分なりのストレス発散方法を見つけて、ストレスを溜め込まないようにしていきましょう。

ストレスによる物忘れについて詳しく見る

睡眠不足による物忘れ

睡眠は疲労回復効果や記憶の定着など、心身ともに健康でいるために欠かせないものとなっています。

なかなか睡眠時間が確保出来ず不足した状態が続いてしまうと、体内の細胞や脳が受けたダメージの修復が上手く機能しないため、物忘れが起こりやすくなります。

質の高い睡眠は身体の機能を正常に戻してくれるので、認知力の改善にも有効です。

睡眠不足による物忘れについて詳しく見る

前頭葉の損傷が引き起こす物忘れとは

物忘れの原因の大半は海馬の損傷や変形ですが、一方で、前頭葉が関連している物忘れもあります。特に「前頭側頭型認知症」を発症した場合、物忘れという段階を超えて、発症から数年程度で精神荒廃から寝たきりへと進んでいく恐れがあります。ここでは、前頭葉が原因に絡んでいる物忘れ、認知症について詳しくまとめました。

前頭葉の損傷が引き起こす物忘れについて詳しく見る

妊娠中に頻発する物忘れの原因と対策とは

妊娠中の女性において、物忘れがひどくなる例が非常に多く見られます。原因は、ホルモンバランスの乱れ、甲状腺機能低下、貧血など。出産後しばらく経てば記憶機能は回復するものの、「コンロに火をつけたまま買い物に行ってしまった」など、生活の安全に関わる事故も報告されているため、可能な限り物忘れを防ぐための対策を打っていきたいものです。

妊娠中に頻発する物忘れの原因と対策について詳しく見る

貧血による物忘れとは

物忘れがひどいのは年のせい。そう思っている人は要注意です!大人の物忘れの原因には、加齢のほかに「隠れ貧血(別名:潜在性鉄欠乏)」があります。これは、とくに40代以上の女性に多く見られる貧血予備軍の状態のことです。10~20代の貧血とは違い、健康診断や人間ドックでは見つからないため、実は自分が隠れ貧血だと知らずに過ごしている人がほとんど。治療や対策をせずに隠れ貧血を放置していると、物忘れが悪化したり、体調を崩したりするおそれがあります。隠れ貧血が原因となる物忘れの症状について詳しく解説しているので、チェックしてみてください。

隠れ貧血による物忘れについて詳しく見る

アスペルガー症候群による物忘れ

集中力が高いのに物事を忘れやすい人は、アスペルガー症候群かもしれません。アスペルガー症候群は先天性のハンディキャップで、特定の対象に高い集中力を発揮する特徴があります。そのぶん、そのほかの対象に意識が向きにくく、直前のできごとを忘れてしまったり、言われたことを覚えていられなかったりする傾向があるのです。アスペルガー症候群の特徴や原因、物忘れ症状を改善するトレーニング方法や対策などをまとめているので、ぜひご一読ください。

アスペルガー症候群による物忘れについて詳しく見る

育児による物忘れ

出産後の育児で気になるのがひどい物忘れです。女性は出産後に起こるホルモンバランスの乱れが、体調不良や物忘れにつながることがあります。月経前症候群や月経前不快気分障害のように、生理前の気分をイメージするとわかりやすいかもしれません。また、出産後の女性は、脳が委縮する「マミーブレイン」という状態になり、症状レベルによっては認知能力に問題が生じることも。ここでは、出産や育児を経験した女性を悩ませる物忘れをはじめ、マタニティブルーや産後うつの原因・対策をご紹介しています。最近物忘れがひどいとお悩みのママさんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

育児による物忘れについて詳しく見る

バセドウ病と物忘れ

物忘れは、甲状腺ホルモンの異常によって起こる「バセドウ病」の症状のひとつでもあります。もし、ひどい物忘れのほかに、首の腫れや眼球の突出、体のだるさなどの症状がある人は、バセドウ病を発症している可能性大。バセドウ病の詳しい原因や予防方法はいまだ明らかになっていません。そのため、症状にいち早く気づいて早期治療を受けられるように、バセドウ病の症状・検査方法について知っておく必要があります。バセドウ病の原因として考えられる内容、具体的な症状、検査方法や治療法をまとめているので、参考にしてみてください。

バセドウ病による物忘れについて詳しく見る

味覚障害と物忘れ

味覚障害と物忘れは、どちらもアルツハイマー型認知症(通称:アルツハイマー病)の症状であり、切っても切れない関係です。「何を食べても味が薄いと感じる」「甘さや辛さがわからない」「好みの味付けを思い出せない」などの症状に心当たりがある人は要注意。万が一に備えて、アルツハイマー病を予防する方法や病気の進行を食い止める方法を知っていきましょう。ここでは、味覚障害と物忘れの原因「アルツハイマー病」に関する情報、物忘れや味覚障害などの具体的な症状、アルツハイマー病の予防法や治療法などをわかりやすく解説しています。

味覚障害による物忘れについて詳しく見る

物をなくす傾向と物忘れ

頻繁に物をなくしてしまう人の特徴、物のなくし方の傾向からわかる原因と対策をご紹介しています。財布や携帯電話、家の鍵などをうっかりなくしてしまったり探すのに時間がかかったりしてしまう人もいるでしょう。物の場所を把握できない原因として、性格や脳機能の低下、病気、先天性の障害などが考えられます。原因によって取るべき対処法は変わってくるので「どんなに気をつけても物をなくしてしまう」という人は、原因と対策が合っていないのかもしれません。物をなくしがちな人は自分の傾向と対策が合っているのか確認してみてくださいね。

物をなくす傾向と物忘れについて詳しく見る

生理前と物忘れの関係

ホルモンバランスが乱れる生理前には、下腹部の張りや痛みなどの症状のほかに、イライラや物忘れなどの症状もあらわれやすくなります。どうして生理前に物忘れがひどくなるのか気になっている女性に向けて、生理前に物忘れがひどくなる原因とメカニズムをわかりやすくまとめました。もちろん、生理前にあらわれる物忘れ以外の症状についても詳しく解説しています。生理前の症状をまとめて改善できる治療方法もまとめているので、生理前の物忘れや症状にお悩みの女性は覗いてみてください。

生理前と物忘れがひどいことの関係について詳しく見る

平衡感覚と物忘れ

物忘れと平衡感覚の関係について、症状や対策方法などをまとめています。加齢による物忘れや認知症では、ふらつきや体のバランスがとれないといった平衡感覚の異常を伴うことがあります。加齢が原因の場合は年齢による足腰の衰えが考えられますが、認知症の場合は平衡感覚をつかさどる小脳が小さくなり平衡感覚が低下している可能性も。間違った対策をすると、より認知機能を悪化させるおそれがあります。適した対策をとれるように、物忘れと認知症の違いを把握しておきましょう。チェックテストも用意しているので、ぜひご一読ください。

平衡感覚と物忘れの関係について詳しく見る

物忘れ対策の新常識!
注目生薬の魅力に迫る

物忘れについての考え方 効果と副作用 市販の医薬品を含有量で比較