ニュース

[研究会]「童謡」から考える日本のポピュラー文化 ~『童謡の近代』の出版を手掛かりに~

3月 4th, 2016 / Category: ニュース

開催概要

名称 「童謡」から考える日本のポピュラー文化~『童謡の近代』の出版を手掛かりに~
日時 2016年 4月 9 日(土)16:00-18:00(終了予定)
会場 東京大学工学部 2 号館 9F92B 教室
登壇者 応答者(『童謡の近代』著者):

  • 周東美材(東京大学大学院情報学環特任助教)

報告者:

  • 紺野泰洋(早稲田大学大学院教育学研究科修士課程)
  • 篠田ミル(東京大学学際情報学府修士課程)
プログラム 16:00~ 開会・当日の流れの説明
16:05~16:20 第一報告・紺野泰洋
16:20~16:30 著者からの応答
16:35~16:50 第二報告・篠田ミル
16:50~17:00 著者からの応答
17:00~17:10 休憩
17:10~18:00 ディスカッション
申し込み 不要(資料の準備も御座いますので、参加される方は事前にご一報いただけますと幸いです)
連絡先 shohyokai2016[at]gmail.com  ※[at]を@へご変更ください。
参加費 無料
主催 東京大学大学院院生有志(加藤聡、近藤和都、執行治平、篠田ミル)
後援 早稲田大学メディア・シティズンシップ研究所

開催趣旨

このたび『童謡の近代』の著者である周東美材氏をお招きして、「『童謡』から考える日本のポピュラー文化」と題し、同書の合評会を開催することとなりました。
童謡という言葉やその調べは、一部の大人にとって「懐かしさ」をもたらすものでしょう。しかし、このように身近であるはずの童謡とはいったい何であるのか、あらためて問い直すと、「その実態が理解されないまま普及している」(p.4)ことに気がつくのではないでしょうか。
2018年の「童謡100周年」に先駆けて出版された同書は、近代メディア文化と子ども文化の出会いという側面から、「童謡とはなんだったのか/なんであるのか」という問に答えるとともに、子どもに魅了されてきた近代日本のメディア文化について解き明かしたものです。
本会では同書を軸に、「メディアの世紀」であり「子どもの世紀」でもあった二十世紀における日本のポピュラー文化に関して議論を深めます。まず二人の大学院生に、同書を読んでの疑問点、ご自身の問題関心やテーマとの接点などに関してコメントをいただきます。その後に著者である周東氏からの応答をいただいたうえで、会場のみなさんとディスカッションの時間を持ちたいと考えております。